So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

静岡の「ミュシャ展」に行ってきました。神業イラストに大感激! [趣味・カルチャー]

静岡市の駅前にある静岡市美術館で6月の初めから開催されている「ミュシャ展」がいよいよ7月15日に終了してしまうということで、最終日になんとか都合を付けて静岡まで行ってきました。

mucha1.jpg

「ミュシャ展」が始まったと聞いた時に、絶対に行かなくてはと思っていたのですが、仕事が忙しかったりプライベートでの行事が続いていたために行く機会を逃していました。そこで、たまっていた仕事を7月14日までにがんばって片付けて最終日に間に合わせることができました。

ミュシャと言えばアール・ヌーヴォーの旗手として知られる、とても華麗で繊細な絵を描く画家で、現代風イラストレーターのはしりと言ってもいい人ですね。

多くの人は、どこかでミュシャの描いた絵を見たことが有ると思いますが、見る人を虜にする美しさと迫力は圧倒的です。
最近、ユーキャンのイラスト通信講座を始めた私にとってはあこがれの人で、ぜひ直にミュシャの作品に触れなければと、張り切って出かけました。

最終日だけあって美術館はかなりの人出で賑わっていました。
中に入ると普段あまりお目にかかることができない、ミュシャの素描や若い頃に描いた写実的な本の挿絵、ミュシャがデザインした香水やクッキーのパッケージ、モデルになった人の写真など興味深い物ばかり250点以上の作品が展示されていました。

もちろん出世作となった、カリスマ的女優サラ・ベルナールの「ジスモンダ」をはじめとする劇場用ポスターもあり、その迫力ある作品に大感激しました。

mucha3.jpg

彼の作品を間近で見ると、とても人間業とは思えないテクニックを駆使して描かれていることがよく分かりました。

イラストを習い始めた身としては、興味の尽きない、今までで最も楽しい展覧会となりました。

最後に美術館のショップで作品集の本と「黄道12宮」のポスターや絵はがきを買って帰りました。
家について早速部屋の壁にポスターを飾り、絵はがきをフォトフレームに入れて机の上に置いて作品集の本を鑑賞して楽しんでいます。

mucha2.jpg

良い一日を過ごすことができました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

遠州森町の甘~いトウモロコシ「甘太郎」買ってきました。 [ショッピング]

自宅から車で30分ほどの所にある森町では、今とうもろこしが熱いです!

地元では前々から森町の甘いトウモロコシが有名で、この時期になると早朝森町に行って朝収穫したばかりのトウモロコシを買ってくるという人が多いようです。

最近では地元のメディアだけでなく県外のテレビ局でも取材されることが多くなって、知名度も全国区になって来たようです。
昨日(6/30)も日本テレビの「嵐にしやがれ」で取り上げられて櫻井翔さんも食べていました。

そんなわけで私も甘いトウモロコシを食べたくなり、初めて森町へトウモロコシの買い出しに行くことにしました。今朝4時半に起き5時に森町に向け、妻と2人で出発しました。

30分ほどドライブして、森町の鈴木農園に着きました。
この鈴木農園さんは、森町で最も有名で多くのメディアに取材されている農園です。
5時半ころ到着するとすでに7~80名ほどの人が並んでいました。

Kantarou1.jpg

行列の中にはテレビの取材クルーも混じっていて、並びながら取材していました。
毎日放送の「林先生が驚く初耳学」の取材とのことでした。わざわざ関西から取材に来たそうで、リポーターの人は今朝2時に起きてやって来たと言っていました。

Kantarou3.jpg

森町の甘いトウモロコシは2種類有って、5月~6月に収穫される甘甘娘(カンカンムスメ)と7月頃から収穫される甘太郎(カンタロウ)で、どちらも糖度20度程度という果物なみの甘さです。
今は時期的に甘甘娘は終わりになって甘太郎が買えるようです。

6時になるといよいよ売り場が開きましたが全然行列が進みません。
どういうわけかと、妻を行列に残し先頭の状況を偵察に行きました。
農園のスタッフの人たちは、朝採れたばかりのトウモロコシの選別と袋詰めをしているのですが、その袋は直売の行列には少しずつしか回ってきません。
どうやら、販売所、道の駅、サービスエリアなどへの出荷用の準備が先のようです。
そのような説明はいっさい無いので、いつになったら行列が進むんだろうと不安を感じながらの待ち時間です。並んでいる周りの人たちも不満げにしていました。もう少していねいに説明したり説明文を掲示しておくなどの対応があればと思いました。

Kantarou2.jpg

列に並んで2時間半ほどたって行列はまだまだあまり進んでいませんが、近くのサービスエリア用に出荷の車が出発して行きました。こんなことならサービスエリアに行って待っていた方がいいかなとも思いました。

それから30分、やっと私たちの順番が回ってきました。
1袋に6本~9本入っていて1,100円で、1人5袋までの限定販売です。
宅配用の箱は大小2種類あって1,900円と3,300円です。
私たちは持ち帰り用を2袋と、お世話になっている人に送るため宅配用を1箱買って配送を御願いしてきました。
クール宅急便で送ってくれるそうで、送料は1,050円でした。

並んでから買い終わるまで、なんと3時間。
いくらなんでも効率が悪すぎます。
もっと直売のシステムを考えた方が良いんじゃ無いかと感じました。
私はたぶん、もう2度とこの農園の直売場には来ないでしょう。

帰りに他の農園を覗いてみましたが、それほど行列は長くなくてすぐ買えそうでした。
別の農園のトウモロコシとの食べ比べもしてみたいので、この次はそちらに行ってみようと思いました。

ついでに近くのサービスエリアを覗いてみましたが、9時過ぎでしたがたくさんの袋が積んでありました。値段は1,200円とチョット高めですが効率を考えたらこちらの方が良いですね。

Kantarou4.jpg

家について、皮をむいてみると実も粒ぞろいでぎっしりと並んだきれいな様はおいしさを想像させます。
さっそく生でかじってみました。
「あっ甘い!!!!」
果物を食べているようです。さすが甘太郎!


今、ゆで上がった甘太郎を食べながらこのブログを書いていますが、甘くてバランスの取れた味は超一級品です。しばらくこの味が楽しめると思うと、とっても幸せな気分になりました。

ネットで通販もやっているようですが、今は2週間後くらいの出荷になるみたいですヨ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

アマゾンエコーに新製品!エコースポット試してみたいね。 [IT]

6月21日にアマゾンから、AIすスピーカーアマゾンエコーの新製品「アマゾン・エコー・スポット」が発表されましたね。
発売は1ヶ月以上先の7月26日ですので、現在は予約受付中になっています。

EchoSpot.jpg

写真を見ると分かるように、今度のエコーは今までのエコーと違いスクリーンがついています。
カメラもついているようです。

我が家でもエコーを活用して便利に使っていますが、スクリーンやカメラを搭載したことによってさらにいろいろな使い方ができそうで楽しみな製品です。

音楽を再生するときにその曲のジャケットを表示したり、他のエコーやスマホとビデオ通話やメッセージのやり取りができたり、動画の再生ができたりと活用の範囲が広がりそうです。
発売当初はビデオ通話など一部の機能は使えないようですが、今年中には使えるようになるようです。

カメラがついているので、エコーに写真を撮ってもらうこともできますし、その写真をアマゾンプライムフォトに保存したり、プライムフォトに保存されている写真を壁紙に使用したりできるようです。
スクリーンに時計表示をしておくこともできるので、時計付きのデジタルフォトフレームとしてリビングにおいておけば、インテリアとしても良さそうですね。

スクリーンがタッチ対応なので、再生曲の選択なんかも今まで以上に楽になりそうで楽しみです。
まだまた、いろいろな対応ソフトがリリースされれば思わぬ使い方ができるかも知れませんね。

一つ残念なのは、アマゾンFireTVに対応していないことです。
FireTVではテレビでの映画再生や音楽再生が便利にできるので、エコースポットがFireTVをコントロールできるようになればとてもいいなと思います。


アメリカでは既に販売されていて、Yotubeなどにも多くの動画がでているので、動画を見ては日本でいつ発売されるか楽しみに待っていた私としては、さっそく予約をしてしまいました。
これで、アマゾンエコー×2台+グーグルホーム2台となって我が家もさらににAI化が進みそうです。
今から、エコースポットを使うのが楽しみでたまりません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JRの50+っていいね! 格安で奈良旅行してきました。 [イベント・旅行]

奈良への旅行がしてみたいと思い立って、いろいろ調べてみました。

私はもうオーバー50歳なので、JRの「50+(フィフティープラス)」というサービスが使えることが分かりました。
50歳以上の人がメンバーにいれば格安の旅行プランが申し込めるというサービスです。

インターネットの50+サイトで、出発地と目的地、出発日と期間を指定すると宿泊予約可能なホテルの一覧が表示されます。ホテルによって料金が変わりますので希望のホテルを選択して予約申し込みをします。

出発駅から目的地の駅までのJR運賃と新幹線指定席券、ホテルの宿泊がセットで予約できます。
予約受付は4ヶ月くらい前からできますが、指定席の予約は1ヶ月前に確定しますので、行きと帰りの時刻を第1希望から第3希望まで指定しておきます。1ヶ月前に指定席が確定した後で支払いとなります。

私の場合、1月の下旬に5月中旬の奈良1泊旅行を予約し、4月中旬に指定席が確定クレジットでの支払いとなりました。

今回の宿泊ホテルは、JR奈良駅すぐ横の「ホテル日航奈良」という、便利でなかなか快適なホテルを予約することができました。

料金は妻と2人分で35,800円でしたが、奈良までの乗車券と京都までの新幹線指定特急券を普通に買うと2人分往復で35,760円ですから、その差40円。わずか40円でホテルに2人で宿泊できてしまった計算になってしまいます。お得感満載ですね。

さて奈良では、一日目に中学以来訪れたことのなかった東大寺、春日大社などを見学ました。
Kasuga.jpg

二日目には興福寺や国立博物館を見学しようと思っていたのですが、二日目に駅から間違って乗ったバスが途中で停車した「朱雀門」という名前が気になって何の前提知識もないまま突然下車して見学した「国営平城宮跡歴史公園」が以外にも穴場で楽しめました。

Suzaku.jpg

ここは、世界遺産に認定されて復刻された平常の宮殿跡ですが、まだ施設が全て完成しているわけではなく、観光客もそれほど多くないのでじっくりと建物や展示館を見学することができました。しかも入館料などもなく全て無料、案内役のスタッフもとてもていねいに説明してくれました。
レストランやカフェもきれいでリーズナブル、とっても得した気分でこの施設を楽しみました。
ここは、今お勧めのスポットですね。

予定は変わってしまいましたが、平城の街を満喫して帰路につきました。

「50+」という私のライフスタイルにピッタリのサービスを見つけたので、また近いうちに楽しい旅行を計画したいと思いました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

久々のさわやかウォーキング、富士山の麓に行ってきました [イベント・旅行]

昨日5月5日に、久々のさわやかウォーキングに参加しました。

今回は富士駅から身延線にのって行く富士宮駅発・着の「春本番の富士宮 富士山本宮浅間大社流鏑馬祭りを楽しもう」と題されたコースです。

今回のコースには、昨年12月に会館した「富士山世界遺産センター」が含まれているので、私的にはこの施設を訪れることがメインの目的です。

朝早く家を出て、9時過ぎに富士宮に着きました。
さすが富士山の麓の街です、どこにいっても圧倒的な迫力で迫ってくる富士山を見ることができます。
ほとんど雲の無い快晴の空に大きな富士山が見れるだけで、今回のウォーキングの目的はほぼ達成してしまいました。

Fuji0.jpg

少々上り坂のきついコースでしたが、爽やかな五月の風を感じながらの素敵なウォーキングでした。
たくさんの富士山の写真もとりました。

Fuji1.jpg

1時間半ほど歩いて、お目当ての「富士山世界遺産センター」に到着しました。
新しい施設だけに、きれいで感じの良い施設でした。

中に入ると富士登山をイメージしたスロープが続き、そのスロープの壁には富士山のいろいろな姿が映像で映し出されていました。そして頂上の展望台では真正面に雄大な富士が見られます。感動物ですね。

Fuji2.jpg

展望台で富士山の姿をたっぷり楽しんでから、下りのスロープで下山していきますが、途中途中に富士山に関係する文化や行事のディスプレイが展示されていました。大型のタッチパネルのモニタースクリーンを見学者がさわって操作しながら展示を楽しむことが出来るようになっていました。

入場料も300円と安価で、展示や富士山の眺めなど結構楽しむことができるお勧めの施設でした。

その後、浅間大社に向かいました。
当日は流鏑馬祭りというこで、大変な人出で出店の屋台もぎっしり、お祭り気分を味わうことができました。

残念ながら、帰りの時間の関係で流鏑馬は見られませんでしたが、一日みっちりと楽しませてもらいました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | -