So-net無料ブログ作成

SF映画「インターステラー」見てみました。結果はGood! [映画]

昨日、レンタルビデオ屋さんの準新作コーナーで「インターステラー」という映画を見つけてレンタルしてきました。

interStelar.jpg

この映画、昨年秋に公開されたSF大作で公開時にはかなり話題になったようですが、なぜか私にはこの映画についての情報が全くなく、どんな映画か知らないまま借りてみました。

ダークナイトのクリストファー・ノーラン監督の作品だということが借りたポイントでしたが、SF映画好きの私にとって見応えのありそうな雰囲気をかもし出しているパッケージにも惹かれてレジに向かいました。

上映時間169分と3時間近い長い映画なので、見る前に一応覚悟をしてからの鑑賞になりましたが、見始めてからずっとワクワク感が止まらず、あっという間の169分でした。

題名の「インターステラー」は星間ということで、映画のテーマである惑星間移動を表しているようです。

物語は、植物が育たなくなり破滅に向かう地球から脱出し地球外での生存を実現するために、宇宙に出てその計画に挑戦する人たちの話でした。

ストーリーのポイントは、人類移住の計画にA・B2つのプランがあること、そして重力と時間の影響と解明というところでしょうか。これだけでは映画を見ていない人にはなんのことかわからないでしょうが、これから見ようという人は、こんなところに注目したらいいのではと思いました。

映像が美しいことはもちろんですが、思った以上にハードなSF映画になっていて、SFファンも満足できるような内容になっているように思いました。(多少のツッコミ所もありましたが)

ストーリーは全く違いますが、ハードなSF映画という点でも「2001年宇宙の旅」を思い出させるような映画だとも感じました。

映画を見終わって、もう一度見て細部を再確認したいと思わせる映画でもありました。
SFの知識がイマイチという人も、一度見た後映画に出てくる科学用語をチェックしてからもう一度見直すと、楽しさ倍増ではないでしょうか。

私の中では、けっこうおすすめ度の高い映画になっています。
頭を整理してから、今日もう一度見てみようと思います。



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。