So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

JRの50+っていいね! 格安で奈良旅行してきました。 [イベント・旅行]

奈良への旅行がしてみたいと思い立って、いろいろ調べてみました。

私はもうオーバー50歳なので、JRの「50+(フィフティープラス)」というサービスが使えることが分かりました。
50歳以上の人がメンバーにいれば格安の旅行プランが申し込めるというサービスです。

インターネットの50+サイトで、出発地と目的地、出発日と期間を指定すると宿泊予約可能なホテルの一覧が表示されます。ホテルによって料金が変わりますので希望のホテルを選択して予約申し込みをします。

出発駅から目的地の駅までのJR運賃と新幹線指定席券、ホテルの宿泊がセットで予約できます。
予約受付は4ヶ月くらい前からできますが、指定席の予約は1ヶ月前に確定しますので、行きと帰りの時刻を第1希望から第3希望まで指定しておきます。1ヶ月前に指定席が確定した後で支払いとなります。

私の場合、1月の下旬に5月中旬の奈良1泊旅行を予約し、4月中旬に指定席が確定クレジットでの支払いとなりました。

今回の宿泊ホテルは、JR奈良駅すぐ横の「ホテル日航奈良」という、便利でなかなか快適なホテルを予約することができました。

料金は妻と2人分で35,800円でしたが、奈良までの乗車券と京都までの新幹線指定特急券を普通に買うと2人分往復で35,760円ですから、その差40円。わずか40円でホテルに2人で宿泊できてしまった計算になってしまいます。お得感満載ですね。

さて奈良では、一日目に中学以来訪れたことのなかった東大寺、春日大社などを見学ました。
Kasuga.jpg

二日目には興福寺や国立博物館を見学しようと思っていたのですが、二日目に駅から間違って乗ったバスが途中で停車した「朱雀門」という名前が気になって何の前提知識もないまま突然下車して見学した「国営平城宮跡歴史公園」が以外にも穴場で楽しめました。

Suzaku.jpg

ここは、世界遺産に認定されて復刻された平常の宮殿跡ですが、まだ施設が全て完成しているわけではなく、観光客もそれほど多くないのでじっくりと建物や展示館を見学することができました。しかも入館料などもなく全て無料、案内役のスタッフもとてもていねいに説明してくれました。
レストランやカフェもきれいでリーズナブル、とっても得した気分でこの施設を楽しみました。
ここは、今お勧めのスポットですね。

予定は変わってしまいましたが、平城の街を満喫して帰路につきました。

「50+」という私のライフスタイルにピッタリのサービスを見つけたので、また近いうちに楽しい旅行を計画したいと思いました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

久々のさわやかウォーキング、富士山の麓に行ってきました [イベント・旅行]

昨日5月5日に、久々のさわやかウォーキングに参加しました。

今回は富士駅から身延線にのって行く富士宮駅発・着の「春本番の富士宮 富士山本宮浅間大社流鏑馬祭りを楽しもう」と題されたコースです。

今回のコースには、昨年12月に会館した「富士山世界遺産センター」が含まれているので、私的にはこの施設を訪れることがメインの目的です。

朝早く家を出て、9時過ぎに富士宮に着きました。
さすが富士山の麓の街です、どこにいっても圧倒的な迫力で迫ってくる富士山を見ることができます。
ほとんど雲の無い快晴の空に大きな富士山が見れるだけで、今回のウォーキングの目的はほぼ達成してしまいました。

Fuji0.jpg

少々上り坂のきついコースでしたが、爽やかな五月の風を感じながらの素敵なウォーキングでした。
たくさんの富士山の写真もとりました。

Fuji1.jpg

1時間半ほど歩いて、お目当ての「富士山世界遺産センター」に到着しました。
新しい施設だけに、きれいで感じの良い施設でした。

中に入ると富士登山をイメージしたスロープが続き、そのスロープの壁には富士山のいろいろな姿が映像で映し出されていました。そして頂上の展望台では真正面に雄大な富士が見られます。感動物ですね。

Fuji2.jpg

展望台で富士山の姿をたっぷり楽しんでから、下りのスロープで下山していきますが、途中途中に富士山に関係する文化や行事のディスプレイが展示されていました。大型のタッチパネルのモニタースクリーンを見学者がさわって操作しながら展示を楽しむことが出来るようになっていました。

入場料も300円と安価で、展示や富士山の眺めなど結構楽しむことができるお勧めの施設でした。

その後、浅間大社に向かいました。
当日は流鏑馬祭りというこで、大変な人出で出店の屋台もぎっしり、お祭り気分を味わうことができました。

残念ながら、帰りの時間の関係で流鏑馬は見られませんでしたが、一日みっちりと楽しませてもらいました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

Kindleで「#こんなブラック・ジャックはイヤだ」読んでみました。 [趣味・カルチャー]

昨日ドライブ中にラジオを聞いていたら、ローカル番組の中で地元出身者のインタビューと言うことで、漫画家のつのがいさんが出演されていました。

私はあまり最近のコミックについて詳しくないので、つのがいさんがどんな方なのかよく知りませんでしたが、インタビューを聞くと「#こんなブラック・ジャックはイヤだ」を描かれていて、1巻目が好評で最近2巻目のコミックスが発売されたということでした。

BlackJack.jpg

ブラックジャックは、我々の年代にも馴染みのある作品なので、つのがいさんのはどんな作品なのか興味がわいてきて、家に帰ってからネットで検索してみました。

つのがいさんは浜松市の出身で、趣味を見つけようとして練習で描いた手塚治虫さんのブラックジャックのパロディ作品をSNSにアップしたところ大人気となって書籍化までいってしまったそうです。

そしてなんと、このパロディは手塚プロダクション公認だそうです。本家公認のパロディなんて聞いたことありませんね。

いったいどんなブラックジャックなのか好奇心の虫が疼き始め、Amazonで書籍検索してみました。
ラッキーなことにこの作品は、私が会員になっている「Kindle Unlimited」の読み放題対象になっていましたので、購入しなくても読めることが分かりました。

さっそくKindleアプリでダウンロードして読んでみました。
たしかに手塚プロが公認するだけあって、絵は手塚治虫さんの作品と見間違えるほどの出来映えです。
文字やタッチもそっくりですね。たぶん年齢はかなり若いのだと思いますがここまでの似ているとかつての手塚ファンも真っ青ですね。

内容はと言うと、私の様なおじさんにはパロディのギャグセンスはちょっとピッタリと来ませんでした。若者向きなのでしょうね。

しかし、Amazonのレビューを見ても評価が高いようで、これから人気が出て行く作家なのかなと思いました。
地元出身の才能として影ながら応援していきたいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

これは便利!スマホでチューニング。 [趣味・カルチャー]

ウクレレでソロ演奏の練習をするようになって、ウクレレのチューニングが結構気になるようになりました。

今使っているウクレレは入門用のあまり高級ではないウクレレなので、音もそんなには良くないし、音程も全てのポジションでピタッと合う訳ではないのでうまくチューニングしないと、ヘタな演奏がますますヘタに聞こえてしまいます。

ソロ演奏の練習を始めてからは毎回練習前にピアノで音を確認しながらウクレレのチューニングをするようにしています。
でも毎回ピアノの前に行ってチューニングするのも面倒なので、ウクレレのネックに付けてチューニングできる「クリップ式チューナー」を購入しようと思っていました。

ある日スマホ用のアプリを検索している時、偶然スマホ用のチューナーアプリを見つけました。
ギターマニアには有名な「BOSS」ブランドのアプリです。

BOSS.jpg

早速ダウンロードして試して見ました。
画面はBOSSの「TU-3」がそのまま表示されます。ブラックバージョンの「TU-3W」に表示を変えることもできます。
又、基準のピッチや感度の調整などいくつかの設定変更もできて、なかなかの優れものです。

使い方は超簡単。アプリを起動してスマホの前でウクレレを弾けば、自動的に一番近い音を認識しその音との差を赤と緑のライトの光る位置で表示してくれます。
ウクレレの第4弦を弾けばアプリは「G」と認識し、正しいGの音との違いを赤く光るライトの位置で表示してくれるので、中央のライトが緑に光るまで弦の張りを調整して音程を合わせます。これを全ての弦で行えばバッチリと音程が合ってしまいます。この間1~2分、とっても楽ですね。
ただし、テレビの音や周りの会話をひろうと、うまくチューニングができませんので静かな場所でやらなければいけません。

こんな便利なアプリが無料で使えるなんて、とっても得した気分です。
ウクレレだけでなくギターやその他の楽器にも使えそうですし、いつでもどこでもチューニングできるので、楽器をやる人は持っていると便利なアプリだと思います。

しっかりとチューニングして練習に励もうと思います!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

素敵なウクレレ本見つけました。ソロ演奏練習開始! [趣味・カルチャー]

以前、このブログでもご紹介しましたが 、昨年末からウクレレの練習を始めました。教則本や楽譜本を買って、毎日楽しんでいます。

初めは、ジャンジャカとコード弾きで満足していたのですが、3ヶ月もするとダンダンものたりなくなってきて、メロディーとコードを一緒に弾くソロ演奏がやってみたくなってきました。

Youtubeなどの動画を見てみるとウクレレのソロ演奏がたくさん公開されています。私もこんな風に弾けたらな、と思わせる動画ばかりです。
最近はウクレレにもだいぶ慣れたので、ここらで一つソロ演奏にチャレンジしてみようと、良い楽譜を探してみることにしました。

ネットで検索すると、ウクレレをやっている人には有名でしょうが、キヨシ小林さんというウクレレ奏者が出している楽譜本がかなり良さそうだということがわかりました。

キヨシ小林さんの楽譜本はポップス・ジャズ・クラシック・ボサノバ等々いろいろなジャンルで楽しそうな曲がいっぱい有って、どれにしようか迷いましたがジャズが弾けたらかっこいいかなと思い「ウクレレ/ジャズ」という本を購入しました。

ukurerehon.jpg

この楽譜本の最初に収録されている「明るい表通りで(On The Sunny Side Of The Street)」を最初の練習曲に選んで練習を開始しました。
この曲の練習を始めてから、仕事を終えての練習が楽しくて、毎日家に帰ると30分から1時間楽しく練習しています。

この本には模範演奏のCDも付属していますが、Youtubeにもこの本に合わせた演奏動画が公開されているのでとても参考になります。動画を見ては練習に励んでいます。



2週間ほど練習して、演奏もかなりサマになってきて満足しています。
この調子でレパートリーを増やしていけたらと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | -